“戦うシングルマザー”吉田実代がタイトル奪取

2019年06月19日 20時16分

ケーシー・モートン(左)にパンチを叩き込む吉田実代

 ボクシングWBO女子世界スーパーフライ級王座決定戦(19日、千葉・幕張メッセ)は、吉田実代(31=EBISU K’s BOX)がケーシー・モートン(35=米国)に3―0で判定勝ちし、新女王の座を手にした。

 序盤からボディーを徹底して攻め、効果的に右ストレートを織り交ぜてダメージを蓄積させた。終盤は相手の足が止まりかける場面もあり、最後まで攻撃手を緩めなかった。

 試合後はリング上で抱きかかえた愛娘から「ママ、おめでとう」と言葉をかけられ、“戦うシングルマザー”は涙をこらえきれず「ありがとう。それから格闘技人生11年、支えてくださった方々、全員に『ありがとう』と言いたいです」と感謝を述べた。