亀田興毅 逆ダイエット作戦で「天心君を葬り去る」

2019年06月04日 14時39分

公開練習を行った亀田興毅氏

 ボクシングの元3階級王者・亀田興毅氏(32)が4日、都内の協栄ジムで“キック界の神童”那須川天心(20)との一戦を前に公開練習を行った。

 亀田氏は22日にインターネットテレビ局AbemaTVの3周年記念番組「1000万円シリーズスペシャルマッチ 那須川天心VS亀田興毅」に参戦するが「元ボクシング世界チャンピオンとして情けない試合はできない。ベストコンディションに仕上げて天心君を葬り去りたい」と意気込んだ。

 現在59キロで体脂肪率は8%だが本番までに62キロぐらいまで増量するという。「肉体改造してパワーをつけているところ。1日1食だったが、今は2食。基本、焼き肉で、米を2~3杯食べてる」と過去最重量で臨む。

 2日に「RIZIN.16」でKO勝ちした那須川の試合を観戦。「蹴りの距離とパンチの距離は違うから参考にはならないけど、これからの格闘技界を背負っていくファイターと拳を交えるのは光栄なこと」と敬意を表した。

 すべてはボクシングを盛り上げるため。ルールの詳細は決まっていないが「KOを狙います」と現役時と同じく強気の発言で締めくくった。