ロンドン五輪銅・清水聡 7・12大阪で村田諒太と“競演”

2019年05月23日 18時24分

ポーズを取る清水聡

 ボクシングの大橋ジムは23日、所属する東洋太平洋(OPBF)フェザー級王者で、ロンドン五輪バンタム級銅メダリストの清水聡(33)が7月12日にエディオンアリーナ大阪でWBOアジアパシフィック・スーパーフェザー級王者のジョー・ノイナイ(23=フィリピン)に挑戦することを発表した。

 当日のメインは村田諒太(33=帝拳)がWBA世界ミドル級王座への返り咲きを狙うロブ・ブラント(28=米国)とのリターンマッチで、ロンドン五輪メダリストが約2年7か月ぶりに競演することになる。

 清水は現在OPBF王座を4度防衛中。そこから階級を上げての挑戦となるが「転級というわけではなく、フェザー級とSフェザー級のどちらが世界を狙いやすいのか考えるため」(大橋秀行会長)だという。

 WBOのSフェザー級世界王者は、24日(日本時間25日)に米フロリダでV2戦を行う伊藤雅雪(28=横浜光)。両者がともに勝てば、近い将来の対戦が期待されるところだが、清水は「いい選手なので、試合を見て僕も勉強することがいろいろとあります」と話すにとどめていた。