【WBSS】井上尚弥「令和の伝説になる」

2019年05月04日 16時30分

練習を公開した井上

 ボクシングのWBA世界バンタム級王者の井上尚弥(26=大橋)が「令和の伝説」となる決意を語った。

「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)」準決勝(18日、英グラスゴー)、IBF同級王者のエマヌエル・ロドリゲス(26=プエルトリコ)戦に向けた公開練習を3日に行った井上は、弟でWBC同級暫定王者の拓真(23)とマススパーを披露し「理想に近い形で調整できている」と笑顔。昨年の2試合はいずれも1ラウンドKO勝ちで、今回は「もっと面白い『技術戦』を見せることができれば」と言う。

 その先に見据えるのは時代を代表するボクサーとなること。「令和」は始まったばかりだが「ボクシングを終えたときに、名前を残せるようになりたい」(井上)。

 とはいえ、元号変わりでトップにいる選手が時代の“顔”となるのは容易ではない。平成元年(1989年)を振り返ると、プロ野球のMVPはクロマティとブライアント。大相撲で後に「平成の大横綱」呼ばれた貴乃花は十両だった。それでも高いハードルが立ちはだかるときこそ「実力が出せる」という。果たして新時代を象徴する活躍を見せられるか。