【ボクシング】村田7・12リベンジマッチが決定 背水のテーマは「脱力」

2019年04月26日 16時30分

ブラント(右)とフェースオフした村田は怒りに満ちていた

 背水の陣を敷く元王者の「怒り」が収まる試合となるのか。ボクシングの前WBA世界ミドル級王者で同級3位の村田諒太(33=帝拳)が、7月12日にエディオンアリーナ大阪で同級王者のロブ・ブラント(28=米国)に挑戦することが25日、発表された。ブラントは昨年10月にV2戦で敗れた相手で、村田にとってはダイレクトでのリマッチ。「リング上で殴る以外に考えることはない」と珍しく熱くなっているが、今回の試合に向けては意外なテーマが掲げられているという。

 村田は昨年10月に米国ラスベガスで行われた防衛戦で、ブラントに大差の判定負けを喫して王座から陥落。試合後は進退を保留していたものの、同12月に現役続行を発表し、今回は再起戦を挟まずにリターンマッチに臨むことになった。

 この日の会見にはブラントも出席。ベガス以来、約6か月ぶりに再会を果たした村田は笑顔で握手をしたものの、会見が終わると正直な胸の内をブチまけた。

「自分にとって非常に屈辱的な思い(完敗)をさせられた相手。『ふざけるな、このヤロー』という気持ちがプロになって初めてある。会いたいとも思ってなかったし、リング上で殴る以外にしたいことはないです」

 2017年10月に王座を奪い取ったアッサン・エンダム(35=フランス)とは、その5か月前の対戦時に連絡先を交換するなどの“友情”が芽生えたが、今回はなし。「この試合が最後になるかもしれない。勝つのは当たり前だけど、試合をした後に『また村田を見たい』と思ってもらえるか、ジャッジされる」との覚悟を持ってリングに上がるとあって、いつもの温厚さは封印している。

 このままいけば、怒りに身を任せて激しい試合となりそうなところだが、村田のフィジカルトレーニングを担当する中村正彦トレーナー(44)は「今回のテーマを挙げるなら『脱力』です」と意外な言葉を口にした。

 五輪金メダリストにして世界王者にもなった村田だけにフィジカルの強さはすでにトップレベル。筋肉量を増やして減量の負担が増すデメリットよりも「パワーを発揮するために力むのではなく、リラックスした状態から最高のパフォーマンスができるように意識したトレーニングをしています」(中村トレーナー)。

 前回の敗因は足を使うブラントについていけず「上半身だけで突っ込んでいって、打ち返そうとした時には相手はいなかった」(村田)。その反省から、徹底的に下半身を強化。その状態で、力を抜いて効果的なパンチを打つことができるようになった。

「最後かも、の覚悟を持って臨むのはエンダム(との再戦)以来です」と悲壮な決意を示した村田にとって、自分の価値を取り戻す闘いが始まる。