【ボクシング】京口紘人が6・19幕張メッセで初防衛戦「KOで強さを見せたい」 井岡一翔とダブル世界戦に

2019年04月25日 12時45分

 ボクシングのワタナベジムは25日、所属する2階級制覇王者で現WBA世界ライトフライ級王者の京口紘人(25)が6月19日に千葉・幕張メッセで同級12位のタムワット・ナコーン(26=タイ)を相手に初防衛戦を行うことを発表した。

 昨年大みそかにマカオで2階級制覇を達成した京口は「半年近くたったけど、練習はしていたので早く試合がしたい。大みそかで評価は上がったと思うので、それ以上の内容の試合ができれば」と意気込みを語った。

 相手は2017年デビューで戦績は11戦(全勝5KO)と少ないものの、ムエタイでは200戦で170超の勝利を挙げた実績がある。

 それでも「KOで強さを見せたい」(京口)と言い切り、「同じ階級には日本人の王者がいるので、統一戦をやることを目指したい」と先を見据えた。

 当日はメーンで、WBO世界スーパーフライ級2位の井岡一翔(30=Reason大貴)が、ランク1位のアストン・パリクテ(28=フィリピン)との同級王座決定戦を行う。