山中慎介氏の冠トーナメント開催 優勝賞金100万円

2019年04月12日 19時37分

山中氏(左)と古沢代表

 ボクシングのDANGANは12日、都内のJBC(日本ボクシングコミッション)事務局で会見を行い、元WBC世界バンタム級王者の山中慎介氏(36)をアンバサダーに迎えた同級トーナメントの開催を発表した。

 出場資格はJBCのバンタム級A級ライセンスを持つボクサーで、8人による1回戦を7月23日に開催。準決勝は10月31日、来年1月に決勝を行う予定。1回戦のみ6ラウンドで、以降は8ラウンド制。試合がタイトルマッチになった場合はその基準に合わせる。

 優勝賞金は100万円で、世界ランカーとの対戦機会も得られる見込みだ。また「隣接階級(スーパーフライ、Sバンタム級)の選手が出場を希望した場合は考慮します」(DANGAN古沢代表)。

 選手にある程度の実力がついてくると、外国人相手のマッチメークが多くなるが、そこで安易な勝ち星を重ねても実力はつかない。それよりも国内ジム所属選手同士で、一発勝負のトーナメントを行うことで、しのぎを削らせせよう、という狙いだ。

 アンバサダーの山中氏も、かつて行われていた「A級トーナメント」で優勝経験があるが「あのころの僕を見て世界王者になると思った人はいないでしょう」(同氏)

 それがこのVで日本ランク入りし、日本王者に。さらにWBC王者となってからは12度の防衛を重ね「神の左」と呼ばれるまでになった。

 出場するのは無名で多少粗削りな選手かもしれない。だが将来は「神」レベルまで化ける可能性もある。