田中恒成が判定で田口良一を下しV1「これでまた強くなれる」

2019年03月16日 17時40分

 ボクシングのWBO世界フライ級タイトルマッチ(16日、岐阜メモリアルセンター)は、王者・田中恒成(23=畑中)が元WBA&IBF統一世界ライトフライ級王者の挑戦者・田口良一(32=ワタナベ)を3―0の判定で下し、初防衛に成功した。

 開始と同時に積極的に出たのは、2階級制覇がかかる田口だった。「打ち合いの時間が多くなると思います」と話していた通り、右を的確にヒットさせて1ラウンドはペースを奪ったように見えた。しかし、3人のジャッジのうち、挑戦者を支持したのは1人だけだ。

 続く2ラウンド、王者が左のフックとボディーを繰り出して反撃し、流れは一気に傾いたかに見えた。ところが、3ラウンド開始直後に挑戦者の右ストレートがクリーンヒット。王者のヒザが一瞬、落ちかけた。

 それでも田中は左のボディーで田口のスタミナをそぎ落とすなど、試合を支配。4ラウンドには田口が明らかにペースダウンした。その後も王者が試合を支配し、最終的には10点差が1人と8点差が2人という大差がつく圧勝。田口も意地の粘りを見せて食い下がり、最後まで下がることはなく打ち合いに応じ、会場を沸かせた。

 両者はそれぞれLフライ級王者(田中がWBO、田口はWBA)だった2017年大みそかに統一戦を行うはずだったが、同年9月に田中が両目眼窩底骨折の重傷を負ったことで消滅。それが1年3か月を経て実現した。

 田口は昨年5月に日本人初の「統一王者としての防衛戦」を行ったが、これに敗れて2本のベルトを失った。そこから階級を上げて、再起戦を挟まずいきなりの世界挑戦となったが、ベルトには届かなかった。

 試合終了のゴングが鳴ると、両雄はそのまま抱き合って健闘をたたえ合った。「これでまた強くなることができました。(対戦を)望んでよかった」とリング上でも真っ先に田口へのリスペクトを口にした田中。今後の防衛ロードではさらに進化した姿を見せてくれそうだ。