挑戦者・田口良一 リーチで上回るも関係なし「打ち合いになる」

2019年03月13日 17時16分

 WBO世界フライ級タイトルマッチ(16日、岐阜メモリアルセンター)に向けて、挑戦者で元WBA&IBF統一世界ライトフライ級王者の田口良一(32=ワタナベ)が13日、都内の日本ボクシングコミッション(JBC)事務局で予備検診に臨んだ。

 王者・田中恒成(23=畑中)は地元・名古屋市内のCBCテレビで行ったが、田口サイドは「ギリギリまでこっち(東京)で調整したいし、向こう(名古屋)に行く必要もない」(渡辺均会長)と判断し、別々に行うことになった。

 予備検診は両者が顔を合わせることでピリピリしたムードになることもあるが、目の前に対戦相手がいないとあって、どこかノンビリした雰囲気になった。また、東京と名古屋の検診結果を合わせた資料作りに時間を要した。田口も相手のサイズと比較しようがないのでは何も話しようがなく、手持ち無沙汰で待たされることになった。

 10分近くしてようやく配られたデータでは、リーチで田口が9・5センチ上回った。離れた場所で、異なる人間が計測しているため、差がどこまで正確かは微妙なところだが、長いのは間違いない。

 しかし「打ち合いになると思うので(リーチの)差が出る試合にはならないと思います」と言い切った。敵地で挑戦者として上がるリングでは、データ上の“優位”に頼って距離を取るのではなく、あくまで真っ向勝負で倒しにいく決意だ。

 1つ下のライトフライ級だった昨年5月は減量苦の影響で、試合1週間ほど前から「おなかがすいて、夜中に目が覚めると寝られなくなってしまっていた」が、今回は連日6時間半ほど睡眠を取れていると明かした。

 体調はバッチリ。決戦の地には、前日計量が行われる15日に乗り込む。