【ボクシング】黒田雅之のメンタルを強くした井上尚弥との“2階級上スパー”

2019年02月19日 16時30分

世界挑戦が決まった黒田雅之(中)

 IBF世界フライ級4位で前日本同級王者の黒田雅之(32=川崎新田)が、5月13日に東京・後楽園ホールでIBF王者モルティ・ムザラネ(36=南アフリカ)に挑戦すると18日に発表された。

 2013年2月にWBA同級王座獲得に失敗して以来の世界挑戦。「ここまで戻ってきたけど、今度はその先に進みたい」。そう語る黒田の支えは、WBA世界バンタム級王者・井上尚弥(25=大橋)の存在だ。

 黒田は12年7月に行われた井上のプロテストで、相手を務めた。その前からスパーリングもしており「これまでにトータル150ラウンドぐらいやってると思います」。日本で最も井上と拳を合わせたボクサーと言っていいほどで、貴重な経験を積んでいる。

 1月には、減量をしておらず体重が60キロを超えた状態の井上とスパー。フライ級リミット(50・8キロ)より10キロほど重い「モンスター」を相手にすることは「つらかったです。でも試合では尚弥より強いやつはいないと思えますから」。2階級上の世界最強レベルのパンチに耐えたのだから、怖いものなしの心境に達することができた。

 普段は週5回のペースでコンビニでバイト。この日も早朝勤務のシフトを終えてから会見に出席した黒田は、人生を変えるファイトを見せられるか。