伊藤雅雪がV1一夜明け会見 米国でのビッグマッチへ強い思い

2018年12月31日 17時37分

一夜明け会見を行った伊藤雅雪(左)と拳四朗

 前日(30日)にWBO世界スーパーフェザー級王座の初防衛に成功した王者・伊藤雅雪(27=伴流)が31日、都内で一夜明け会見に臨んだ。

 前夜は執拗に頭を近づけてきた同級1位エフゲニー・チュプラコフ(28=ロシア)を最後はうまくさばき、7ラウンド、棄権に追い込んでの勝利。トリプル世界戦の前2試合がいずれもダウンすらない判定勝負だったため、若干重い空気が漂っていた会場を最後に沸かせた。

 だが偶然のバッティングで左目上から出血し、ドクターチェックを受けた際には大いに焦ったという。「これだけの舞台を用意していただいたのにドローとか負傷判定になったら、死にたいと思っていました」

 出血の原因となった3ラウンドのバッティングは、明らかにチュプラコフが頭を突っ込んできたことによるもので、負傷で試合続行不可能となっても伊藤が責任を負うものではない。

 それでも年末のメインイベンターに抜てきしてもらいながら、“頭突き”をよけ切れずに負傷してしまった責任を感じていたということだ。それでも最後は相手に白旗を掲げさせての勝利で、国内で開催された2018年最後の世界戦を締めくくった。

 次戦は春ごろに米国での開催が有力。そこでさらに名を売る戦いをした上で「将来的にはベルチェル、バルガスと西海岸で試合ができたら」と、同じSフェザー級のWBC王者と同1位のスターの名前を挙げ、米国でのビッグマッチ実現に思いをはせた。