亀田興毅氏 WBC名誉トレーナー賞受賞の史郎氏を祝福「世界がその偉業を認めてくれた」

2018年12月04日 09時59分

亀田和毅(左)と史郎氏(インスタグラムから@kokikameda)

 ボクシングの元世界3階級制覇王者の亀田興毅氏(32)が3日、インスタグラムを更新。父の史郎氏(53)のWBC名誉トレーナー賞受賞を祝福した。

 亀田3兄弟の三男・和毅(27=協栄)がWBC世界スーパーバンタム級暫定王座を奪取して2階級制覇を達成。興毅氏、大毅氏に続き、3兄弟すべてを複数階級制覇王者に育て上げた史郎氏の手腕をWBCが認めた。

 興毅氏は「先日和毅が2階級制覇を成し遂げ、史上初3兄弟2階級制覇を達成。和毅にとって第2の故郷でもあるメキシコに本部があるWBCで世界チャンピオンになったという事で、WBC会長から親父にWBC名誉トレーナー賞としてベルトが贈呈された」と報告した。

 同賞の受賞は日本人では史郎氏が初となった。

「1人世界チャンピオンにするのも難しい中で我が子3人世界チャンピオンに育てあげた事は誰も真似出来ない偉業。世界がその偉業を認めてくれた事は嬉しいし、親父、ほんまにおめでとう!そしてありがとう」と感謝した。

 亀田家の末っ子の姫月(19)も世界王者を目指すボクサー。興毅氏は「姫がチャンピオンになったら4兄弟 ここまでいったら漫画の世界」とハッシュタグに記し、期待を膨らませた。