【ボクシング】世界最速タイ12戦目で3階級制覇! 田中恒成 中京の怪物から「世界の怪物」へ!

2018年09月25日 16時30分

田中(右)は的確な右フックで木村の顔面をゆがませた

 中京から日本を飛び越え世界へ――。WBO世界フライ級タイトルマッチ(24日、名古屋市・武田テバオーシャンアリーナ)は同級1位の田中恒成(23=畑中)が判定2―0で王者の木村翔(29=青木)を破り、新王者になった。WBA世界ライト級スーパー王者のワシル・ロマチェンコ(30=ウクライナ)と並んで世界最速タイ記録となる12戦目での3階級制覇を達成。これで一気に世界的評価も高まり、海外進出する可能性が急浮上だ。

 試合終了のゴングが鳴り、木村から「強かったよ」と言葉をかけられた田中は「疲れたんで、座っていいですか?」と答えると、本当にリングに座り込んだ。立ち続ける余力のないほどすべてを出し切った激闘だった。

 手数の田中と有効打の木村という展開で、多くのラウンドでジャッジの評価が分かれた。“相打ち”になるシーンが3度もあった最終12回の採点は木村支持が2人で、残る1人は田中。このジャッジの採点合計は「115―113」で田中だっただけに、もし最終回を木村の「10―9」にしていたらトータルは同点で、引き分け(2者がドロー判定)で木村の防衛となっていた。それだけの大接戦だった。

 もちろん年間ベストバウト級のファイトは、田中の評価を大いに高めることになった。この試合には、「ボクシング界のバイブル」とも呼ばれ、業界で最高の権威を誇る「リング」誌のアジア担当記者が「好ファイト必至」の情報を聞きつけ、わざわざ米国から取材に駆けつけていたのだ。

 前王者の木村は五輪2連覇の「中国の英雄」鄒市明(ゾウ・シミン=37)をKOで下してベルトを手にしており、世界的にもある程度の知名度はあった。その木村に一歩も引かない大激闘を演じたことで田中の評価は一気に上昇。急きょ単独インタビューが申し込まれ、25日に行われることが決まった。これにより、最高権威の雑誌で記事化されるのは確実だ。

 田中は「まだそのレベルには達していない。『並んだ』とは言えないです」と話すものの、記録的にはロマチェンコという超ビッグネームと並んだことで注目が集まる。「中京の怪物」のニックネームもある新王者は、プロ12戦のうち10試合を中部地区で戦った。海外での知名度は乏しかったのは確かだが、リング誌にその実力を示す記事が掲載されれば世界中のボクシングファンの見る目も変わる。

 こうした状況に合わせるように、どんなマッチメークが可能かどうかを探るために近く関係者が渡米する予定だという。前王者の木村は鄒市明陣営に対するオプション(興行権)があと2つ残っていて“がんじがらめ”の状態だったが、田中はこの縛りとは無関係のため、さまざまな可能性を探ることができる。

 田中本人にも海外志向はあり「世界中に強い選手はいっぱいいるので、王者になっても強い選手に挑むことを忘れないで『てっぺん』を目指したい」ときっぱり。畑中清詞会長(51)も「“フライ級ウォーズ”に参戦します」と言い切った。

 木村―田中戦は生中継では全国放送されず、ボクシングファンを落胆させた。そうした中で「中京の怪物」は「中京」の冠を卒業し一気に世界に羽ばたくことを目指す。