WBAスーパー&WBC世界ミドル級王座戦・ゴロフキンVSアルバレス前日計量で一触即発

2018年09月15日 12時00分

ゴロフキン(右)とアルバレスは、計量後あわや乱闘に(ロイター=USA Today Sports)

 15日(日本時間16日)にラスべガスで行われるWBAスーパー&WBC世界ミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(36=カザフスタン)―サウル・アルバレス(28=メキシコ)戦の前日計量が14日(日本時間15日)に行われ、両者ともに一発でパスした。

 試合会場でもあるTモバイルアリーナで行われた計量には多くの観客がつめかけ、本番さながらの盛り上がりを見せた。
 計量後には両者が向き合う「フェースオフ」の時間が設定されていたが、この際にアルバレスがゴロフキンに向かって突進するような動きをしたために両者がエキサイト。お互いの陣営がもみ合うような状態になってしまう場面もあった。