【ボクシング】村田諒太KO防衛に意欲 ブラントの挑発に「ナメるなよ」

2018年09月14日 17時42分

スパーリングを公開した村田(左)

 ボクシングWBA世界ミドル級王者の村田諒太(32=帝拳)が14日、都内の帝拳ジムで、来月20日(日本時間21日)に米ラスベガス・パークシアターで行われる同級2位のロブ・ブラント(27=米国)とのV2戦に向けたスパーリングを公開した。

 先週、風邪をひいてしまったとのことで、本格的なスパーリングをしたのは4日以来。最後の4ラウンド目はややペースダウンしたが「ディフェンスを破られないガードができたし、来週から体がスパーリングに慣れていってくれれば」と、まずまずの手応えを語った。

 相手のブラントは村田戦が決まる前後に、本人と陣営が揃って挑発的な言動があった。

 そんないきさつがあるだけに「今回は『倒したい』という気が、なんとなく芽生えてる。ナメるなよ、という感じ。気持ちがはやらないように気をつけますけど、判定までいこうとは思っていません」と本場のリングでのKO防衛に強い意欲を見せた。