【ボクシング】拳四朗 10・7横アリでV4戦「いい試合をして知名度上げたい」

2018年08月28日 15時46分

V4戦を発表した拳四朗(左)と寺地会長

 ボクシングのBMBジムは28日、所属するWBC世界ライトフライ級王者の拳四朗(26)が、10月7日に横浜アリーナで、元IBF同級王者のミラン・メリンド(30=フィリピン)を相手に4度目の防衛戦を行うと発表した。

 メリンドは昨年大みそかに、WBA同級王者(当時)の田口良一(31=ワタナベ)との王座統一戦で判定負けして以来の試合となる。

 この日、都内で会見した拳四朗はメリンドの印象について、昨年5月に八重樫東(35=大橋)に1ラウンドKO勝ちでIBF王座を奪った試合を挙げ「あれは強烈でした」と話した。

 とはいえ「日本で2度試合をやってて知名度があるから“勝ちがい”がある相手。自分のボクシングをやれば負ける相手ではない」と自信満々だ。

 当日はメインで「ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ」(WBSS)1回戦、WBA世界バンタム級王者、井上尚弥(25=大橋)が元WBA同級スーパー王者のファン・カルロス・パヤノ(34=ドミニカ共和国)を迎え撃つV1戦が行われる。

 その関係で海外から多数の関係者が来ることが見込まれるとあって「いい試合をして、名前を覚えてもらいたい」と国際的な知名度を上げることにも意欲を見せた。