【ボクシング】拳四朗が電光石火のV3 渾身ボディーで鮮やかKO

2018年05月25日 21時20分

防衛に成功した拳四朗

 25日、WBC世界ライトフライ級戦(東京・。大田区総合体育館)が行われ王者・拳四朗(26=BMB)は前王者で同級1位のガニガン・ロペス(36=メキシコ)を2ラウンド1分58秒、KOで破り、3度目の防衛に成功した。

 電光石火だった。

 1ラウンドは「緊張していた」(拳四朗)こともあってか、サウスポーのロペスが左で試合を組み立てる。

 だが「自分の距離は取れていたので、いけると思っていた」拳四朗の言葉通りに2ラウンドは右を積極的に打ち込む。

 そして右腕を一杯に伸ばしきった渾身のストレートをボディーに入れると、ロペスは被弾してから一瞬の間を置いてヒザをついた。

 苦悶の表情を浮かべてカウントされる様子を見て立ち上がってこないことを確信した拳四朗は何度もバンザイ。鮮やかなKO防衛だった。

 昨年5月に王座を奪い取った試合では2—0の判定勝ち。ただし拳四朗を支持したジャッジはいずれも2点差という僅差の勝利。リターンマッチとなった今回は「明らかな差を見せてKO勝ちしたい」と意気込みを語っていたが、まさに有言実行の勝ちっぷりだった。