【ボクシング】マクドネル前日計量遅刻に井上尚弥が激怒「ボディー狙う」

2018年05月25日 14時00分

前日計量を行った井上(右)とマクドネル

 ボクシングのWBA世界バンタム級タイトルマッチ(25日、東京・大田区総合体育館)、3階級制覇に挑む同級2位の井上尚弥(25=大橋)と対戦する王者ジェイミー・マクドネル(32=英国)が24日の前日計量に大遅刻の失態を演じた。

 午後1時開始の計量でマクドネルがはかりに乗ったのは午後2時10分。体重は200グラムアンダーだったが、すでに計量をパスし、約1時間も待たされた井上は「ふざけてますよね。謝罪のひと言もない」と怒り心頭だ。一方で前日とは別人のように頬がこけた王者を「40歳ぐらいに見えた。“水抜き”のダメージでしょう」と評した。

「水抜き」とは、様々なやり方がある減量法の一つ。今回は脂肪を燃焼させながら多量の水を飲み、計量直前にカリウムを摂取して強制的に水分を排出する手法とみられる。水分を制限する減量法と違って精神的に楽な上、計量当日に5キロぐらい落とせるというが、マクドネルの遅刻は想定より「排水」のペースが遅かったためと思われる。

 計量後は会見もできないほど“衰弱”。血圧も上が89しかなく明らかな脱水症状だった。井上は「動きは悪くなるだろうし、ボディーを狙う」とひと言。さらに空腹で待たされた怒りを「明日の試合にぶつけます」。大遅刻にも頭を垂れなかった王者を、拳でリングに沈める心意気だ。