【ダブル世界戦】王者・拳四朗 計量後に8万6400円の牛肉弁当ペロリ

2018年05月24日 17時22分

牛肉の寿司をほおばる拳四朗

 ボクシングのダブル世界戦(25日、東京・大田区総合体育館)の前日計量が24日、東京・文京区の東京ドームホテルで行われた。

 セミでWBC世界ライトフライ級のV3戦を行う拳四朗(26=BMB)と前王者で同級1位ガニガン・ロペス(36=メキシコ)は同級リミットから200グラムアンダーの48・7キロでパスした。

 計量後「6~8ラウンドで終わればうれしいですけど」と話した拳四朗は、焼き肉店「けんしろう」から差し入れされた8万6400円の牛肉弁当を、満面の笑みで頬張っていた。