【ボクシング】ガニガン・ロペス 拳四朗へのリベンジへ「KO決着で勝ちたい」

2018年05月21日 18時14分

 WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ(25日、東京・大田区総合体育館)で、昨年5月にベルトを奪われた拳四朗(26=BMB)とリターンマッチを行う前王者の同級1位ガニガン・ロペス(36=メキシコ)が21日、東京・新宿区の帝拳ジムで公開練習を行った。

 メキシコから出発する際には飛行機のトラブルに見舞われ「6~7時間待たされた」が、来日から3日が経過して体調も回復。「0―2」の判定負けだった前回の対戦では、負けとしたジャッジ2人がいずれも2点差の僅差だったたけに「今回はKO決着で勝ちたい」と意気込みを語った。