【ボクシング】ダブル世界戦試合前に思わぬ事態 王者・田口の挑戦者「通訳不在」のトホホ

2018年05月19日 16時30分

統一王者の田口を指さすブドラー(左)だが…

 ボクシングのダブル世界戦(20日、東京・大田区総合体育館)に出場する4選手の予備検診が18日、都内で行われた。全員異常はなかったものの、どこか締まらない雰囲気になったのには理由があった。

 メインのWBA&IBF世界ライトフライ級タイトルマッチは、統一王者の田口良一(31=ワタナベ)が挑戦者のヘッキー・ブドラー(30=南アフリカ)を身長で8センチ、胸囲も7センチ上回った。統一王者は「身長とかで勝負するわけじゃない」と冷静だったが、挑戦者の会見で“異変”が…。なんと通訳がいないのだ。

 世界戦の公式行事では通常テレビ局が通訳を用意する。南アフリカは英語が主な公用語。IBFミニマム級王者の京口紘人(24=ワタナベ)に挑むビンス・パラス(19=フィリピン)陣営も英語が話せるので、通訳は1人で足りる。今回の中継は日曜昼の関東ローカル1時間枠だけに制作費も安いと見られるが、主催のジムも含め通訳すら用意していないとは…。

 この状況に日本ボクシングコミッション(JBC)の安河内剛事務局長(57)が通訳を引き受けてくれたことで格好はついたが、日本人統一王者が防衛戦を行うのは初という歴史的試合にもかかわらず何ともお粗末な話。もっとも田口には一切責任のないこと。年間最高試合となった昨年大みそかに続く好ファイトで、活を入れてもらいたいところだ。