【ボクシング】村田諒太ジムワーク再開 将来のゴロフキン戦へ進化続ける

2018年05月07日 16時07分

練習を再開した村田

 WBA世界ミドル級王者・村田諒太(32=帝拳)が7日、東京・新宿区のジムで練習を再開した。

 4月15日のV1戦後、本当の意味で休んだのは「1週間ぐらいでした」。その後は軽く走ったり、フィジカルトレーニングを行ったりと体を動かしており、この日からジムワーク再開となった。秋ごろに見込まれるV2戦に向けて、この時期のテーマは「試行錯誤」だという。

 エマヌエーレ・ブランダムラ(38=イタリア)を8ラウンドTKOで破ったV1戦では、「上腕と体幹が筋肉痛になった」そうだ。そこで、その部分の補強運動をしつつ、可動域が狭くなったりしないようにするメニューも取り入れた。

「今月いっぱいぐらいは、いろいろなことを試行錯誤です。7月ぐらいになってスパーリングを始めると、そういうわけにはいかないけど、今は自分のボクシングを一回壊すぐらいでいいかも。そうすれば新しい発見があるかもしれないですから」

 前日には同じミドル級のWBAスーパー、WBC、IBF統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(35=カザフスタン)が、WBCスーパーウエルター級1位バネス・マーティロスヤン(32=米国)を2ラウンドKOで撃破した。

 将来の対戦を期待する機運は高まる一方だが「間違いないのは、次に負けてしまったらゴロフキン戦はないということ」ときっぱり。V2戦は世界王者として初めてラスベガスに乗り込むことが見込まれる。本場のファンを魅了するファイトを披露するため、いろいろなことにトライし進化を続ける。