藤田、カシン参戦!4・4新宿フェイスで新団体「はぐれⅠGFインターナショナル」船出

2018年02月10日 16時30分

ホームリングが誕生する藤田(左)とカシン。何やらうれしそうだ

 噂の新団体がついにベールを脱ぐ!“野獣”藤田和之(47)と“悪魔仮面”ケンドー・カシン(49)が参戦する新団体「はぐれⅠGFインターナショナル」が4月4日に東京・新宿フェイスで旗揚げすることが9日、分かった。同団体の事務方を務めるNOSAWA論外(41)が明らかにしたもの。ⅠGF離脱後は風来坊だった野獣に、久々のホームリングが誕生しそうだ。

 お騒がせ男たちに、ようやく「我が家」ができる。

 昨年末から旗揚げの噂があった「はぐれIGFインターナショナル」について論外はこの日、初興行の開催が決まったことを明らかにした。既にポスターも完成しており、そこには藤田とカシンの写真がデカデカと掲載されていた。

 元は2016年2月26日のIGF東京ドームシティホール大会で藤田、カシン、鈴木秀樹(37)、将軍岡本(34)の4人が「はぐれIGF軍」を結成したことに端を発する。その後は大仁田厚(60)率いるFMW軍との抗争などを経て、メンバーも離合集散した結果、ここから派生した「はぐれIGFインターナショナル」に至った。

 一方で、総合格闘技との“二刀流”を続ける藤田がここ最近で出場したプロレス興行といえば、昨年10月31日の大仁田厚引退試合(後楽園)と同11月16日の東方英雄伝(同)だけ。現在は全日本プロレスの暴走男・諏訪魔(41)との対戦が決定的な状況だが、今後はプロレスの試合が増えることになりそうだ。

 論外から依頼された本紙記者がカシンに旗揚げ戦の概要を伝えると「4月4日? ちょっと分かりません。藤田と私はその時期はハワイとかいろいろ行きたいから、参戦するかは状況次第です、はい」と希代のヘソ曲がり男らしく答えたが、出場は間違いない。このほかの参戦選手は未定も、IGF消滅による離散メンバーが集まることが有力視される。

「だいたい旗揚げ戦っていっても中身は東京愚連隊興行と一緒じゃないか。名前を変えただけだろ!? そんなことより許せないのは秋山(準)のヤローだ。2年前に『チャンピオン・カーニバルから撤退する』と言ったのに、今年はしれっと参戦しやがって。だいたいあのヤローは横浜でも…(以下略)」と罵詈雑言を並べた悪魔仮面は「ダブルブッキングしようとしたら、どっちにもフラれそうです…」と意味不明な言葉を口にして“参戦交渉”を一方的に打ち切った。