「UFC203」で元WWE世界王者のCMパンク惨敗

2016年09月12日 16時30分

【オハイオ州クリーブランド10日(日本時間11日)発】「UFC203」で元WWE世界王者のCMパンク(37=米国)が注目の総合格闘技デビューを果たすも、ミッキー・ガル(24=米国)にまさかの惨敗を喫した。

 

 試合開始早々からパンクは、ガルにタックルを決められてテークダウンを許してしまう。何とか脱出しようとするもパウンド連打を浴びると、なす術がなかった。

 

 最後はチョークスリーパーをガッチリ決められ、わずか134秒でタップ。無念の一本負けとなった。

 

 敗れたパンクは「俺はチャレンジをしたかったんだ。ものすごく高い山で、今日は頂上に到達できなかったけど、これで諦めるわけじゃない」とあくまで前を向いた。さらには「信じられないかもしれないが、俺はまた戻って来るよ」と総合格闘技継続参戦を誓った。

 

 またメーンではUFC世界ヘビー級王者のスティペ・ミオシッチ(34=米国)が、アリスター・オーフレイム(36=オランダ)を撃破して初防衛に成功した。旧PRIDEのテーマ曲で入場したオーフレイムだが1R4分27秒、パウンドの連打を浴びてレフェリーストップ負け。王座奪取はならなかった。