UFC 約40億ドルで米芸能会社の傘下に

2016年07月13日 11時14分

継続してUFCの代表を務めるダナ・ホワイト氏

 世界最大の総合格闘技団体・UFCが、米国の芸能マネジメント会社「WME―IMG」の傘下に入ったことが11日(日本時間12日)明らかになった。売却額は約40億ドル(約4072億円)と見られている。ダナ・ホワイト氏(46)は継続してUFC代表を務める。