ヒョードルが大みそかに日本で復帰!旧PRIDE系イベント正式発表

2015年09月20日 15時43分

復帰を表明した“氷の帝王”ヒョードル。左からベラトール代表コーカー氏、榊原氏、ヒョードル、SPIKE TV社長ケビン・ケイ氏(C)SPIKE TV
復帰を表明した“氷の帝王”ヒョードル。左からベラトール代表コーカー氏、榊原氏、ヒョードル、SPIKE TV社長ケビン・ケイ氏(C)SPIKE TV

【カリフォルニア州サンノゼ19日(日本時間20日)発】当地で行われた格闘技イベント「ベラトール142」に、旧PRIDEの運営に携わった旧DSE代表の榊原信行氏(51)と“氷の皇帝”エメリヤーエンコ・ヒョードル(38)がサプライズ登場した。

 

 ケージの中に榊原氏が入ると、大みそかに日本で新格闘技イベントを開催することが正式発表された。

 

 その直後、もう一つのサプライズとしてヒョードル本人が登場し「大みそかに日本で復帰します!」とコメントした。2012年6月の試合後に現役引退を表明していたが、今年7月に現役復帰を表明。復帰戦が日本のリングとなりそうだ。

 

 また全米屈指のケーブルテレビ局「スパイクTV」が同大会の放送を即断。異例のスピードで全米放送が決定した。これで噂されていた旧PRIDEスタッフによる大みそか新格闘技イベントが、初めてベールを脱いだ形だ。

 

 詳細については後日、日本で会見が行われる見込みで、ヒョードルを中心としたトップファイターの集結が期待できそうだ。