K―1・左右田 “レインメーカー”ポーズで必勝宣言

2015年06月25日 16時00分

K―1ガールズを従えた左右田(中)はオカダのポーズで必勝を誓った

 勝利のバトンをオカダにつなぐ!「K―1 WORLD GP 2015」(7月4日、東京・国立代々木第二体育館)に出場する“K―1のレインメーカー”左右田泰臣(27)が24日、K―1ガールズを従えて東京・江東区の東京スポーツ新聞社を訪れた。

 左右田は65キロ級初代王者、ゲーオ・フェアテックス(30=タイ)とスーパーファイトで対戦。大一番となるが「ゲーオ選手は、故障で欠場したり王者らしさがない。僕が勝って返上してもらいます」と言い切った。

 必勝を期す理由は他にもある。パンチを「左右田式レインメーカー」、ヒザ蹴りを「左右田式ボマイェ」と名づけるほどプロレスファンの左右田は、試合翌日の新日本プロレス大阪城ホール大会を観戦予定。同大会では親交のあるオカダが、AJスタイルズ(37)のIWGPヘビー級王座に挑む。

「オカダ選手がツイッターで『4日は左右田選手勝利。5日はオカダ勝利』とつぶやいてくれた。それを見て、たぎりましたね。勝って興奮の雨を降らす。そしてしっかりオカダ選手につなげたい」と必勝を誓った。