【ベラトール】GP出撃の堀口がまさかの1回戦敗退「期待に応えられず申し訳ありませんでした!!」

2022年04月24日 17時26分

ミックスに3度のバックテークを許した堀口(C)BELLATOR MMA
ミックスに3度のバックテークを許した堀口(C)BELLATOR MMA

 米格闘技イベント「ベラトール279」が23日(日本時間24日)に米ハワイで行われ、RIZINバンタム級王者の堀口恭司(31)がパトリック・ミックス(28=米国)に無念の判定負けを喫した。

 バンタム級ワールドグランプリに出撃した堀口は、1回戦でミックスと対戦した。1ラウンド(R)には序盤にタックルでテークダウンされるとバックを取られ、防戦に回る苦しい展開になった。その後2、4Rはスタンドで有効打を出しペースを握ったが、3Rもテークダウンから後ろを取られる。ここまで五分五分と言える展開だったが、最終5Rでもタックルからバックを取られて防戦を強いられた結果、判定0―3で完敗となった。

 試合後、堀口は自身のツイッターを更新し「期待に応えられず申し訳ありませんでした!! また頑張ります!!」とコメント。〝最強のメイド・イン・ジャパン〟の再起に期待だ。

関連タグ: