【THE MATCH】「那須川VS武尊」の最前列は1席300万円の〝超絶スーパープラチナチケット〟

2022年04月07日 20時04分

世紀の一戦に臨む(左から)那須川、榊原CEO、武尊(東スポWeb)
世紀の一戦に臨む(左から)那須川、榊原CEO、武尊(東スポWeb)

 6月19日に東京ドームで〝キック界の神童〟那須川天心(23)とK―1のエース・武尊(30)が激突するイベントの概要発表会見が行われ、大会名が「THE MATCH 2022」になることなどが発表された。

 その中でも注目を集めたのが、RIZIN FFの榊原信行CEOが「日本格闘技史上最高額」と話したリングサイドの価格だ。最前列となるVVIP1列席の値段は、一席なんと300万円。さらに同2列席は200万円、同3列席は100万円と、世紀の一戦にふさわしい〝超絶スーパープラチナチケット〟となる。

 榊原CEOによればVVIP1列席は50席程度を予定。その他の列も同数程度とみられるだけに、リングサイドだけで推定総額3億円となることになる。この価格には当事者2人も苦笑いで、武尊は「値段も値段なんで、友達とかは前の方で見れなくて寂しいと思いますけど、この試合の価値なのでその価値に見合った試合をしたいです」。那須川は「子供にやさしくないなと思いました。ただ、この試合に関してこういう価値があるんだぞというのを知ってもらえたらうれしい。この試合で歴史の教科書に載りたいなと思いました」と話した。

 ただし、この値段にふさわしいビッグカードであるのも事実。高額ではあるものの、手に入れるのも難しい〝超絶プラチナチケット〟となりそうだ。

関連タグ: