【RISE】志朗が戦慄の右ハイキックで江幡塁をKO「これでストーリーは完全決着」

2022年04月02日 19時26分

ハイキック一閃!(東スポWeb)
ハイキック一閃!(東スポWeb)

 立ち技打撃格闘技イベント「RISE」の年間最大興行「RISE ELDORADO 2022」(2日、東京・国立代々木競技場第一体育館)で、志朗(28)が新日本キックのエース・江幡塁に戦慄のハイキックでKO勝ちした。

 10年ぶり3度目の対戦は、緊張感のある立ち上がりで、1ラウンド(R)は江幡塁の鋭い蹴りに志朗が対処する展開になった。試合が動いたのは2Rだ。志朗が前蹴り、ローと蹴りを放ち自らの距離を作ると、右ハイキックを側頭部に叩き込むことに成功。その場で江幡塁は崩れ落ちて2R1分39秒、志朗にKO勝ちが告げられた。

 圧巻勝利に志朗は「強くなった姿を見せられてよかったです。これで江幡選手とのストーリーは完全決着できたと思います」と完勝宣言。さらに6月19日に東京ドームで行われるキックのメガイベント出撃に意欲を見せて「自分も枠があれば対抗戦、世界の強豪と戦うチャンスがあれば出たいと思います」と力強く話した。

 また、続く試合で江幡塁の兄・睦も鈴木真彦に2Rにダウンを喫して判定負け。兄弟にとっては厳しい結果となった。

【関連記事】

関連タグ: