大麻解雇・貴源治もRIZINと接触 兄・スダリオと“双子MMAファイター”誕生か

2021年11月02日 06時15分

有望力士だった貴源治(東スポWeb)
有望力士だった貴源治(東スポWeb)

 双子のMMAファイターは誕生するのか。大麻使用で7月に日本相撲協会から懲戒解雇された元幕内貴源治(24)の格闘技イベント「RIZIN」参戦が実現するかに注目が集まっている。

 元幕下悟道力の岩本浩志氏のツイッターで、元貴源治が断髪式を行った様子が公開された。袴姿で大イチョウにハサミを入れられる場面や、スーツに着替えて短髪で笑顔を見せる画像とともに、「第二の人生四角いリングで横綱になってね! 皆様貴源治の応援宜しくお願いします」(原文ママ)と、格闘技転向を示唆する内容がツイートされた。

「四角いリング」というキーワードに加え、双子の兄で元十両貴ノ富士のスダリオ剛が活躍していることから、真っ先に浮上する舞台がRIZINだ。実際に元貴源治は会場で生観戦したことがある。さらにRIZINに近い格闘技関係者によれば、すでにRIZINと接触しており、なんらかのコミュニケーションは取った模様だ。

 カギを握る兄のスダリオは「(誘いたい気持ちは)全くないですね。同じ世界でやっていくのは僕としては嫌だなというのがあるので。相撲界にいた時から結構嫌だった」と〝嫌悪感〟を示しているが、果たして――。

関連タグ:

ピックアップ