元UFC2階級制覇王者マクレガーが米人気ミュージシャンと〝奇妙〟な乱闘

2021年09月13日 16時55分

「MTVミュージック・ビデオ・アワード」授賞式に登場したコナー・マクレガー(ロイター)

 元UFC2階級制覇王者の格闘家、コナー・マクレガー(33=アイルランド)が米人気ミュージシャンと乱闘になったと報じられ、話題になっている。

 米ニュースサイト「TMZ」や米人気ヒップホップサイト「XXL」が報じたところでは、12日にニューヨークで行われた「MTVミュージック・ビデオ・アワード」授賞式の前に騒動が勃発。レッドカーペットでマクレガーが人気ミュージシャンのマシンガン・ケリー(MGK=31)と衝突し、大混乱になったという。

「TMZ」は情報筋の話として、乱闘はマクレガーがMGKにサインを求め、それをMGKが拒否したことに起因しており、事態はそこから悪化。MGKがマクレガーを押し、マクレガーがつまずいて自分の飲み物をこぼしたという。また、マクレガーに近い関係者の談話も伝えており「コナーはMGKにあいさつをしたいと考え、手を出して近づいていったが、MGKはコナーが聞き取れないことを口にし、MGKのセキュリティーがコナーを押しのけたと聞いている」。

 ピンクのスーツを着たマクレガーがMGKに突っかかり、セキュリティーから引き離されているとみられる写真やビデオもあり、世界的な格闘家と人気ミュージシャンの間で争いがあったことは間違いなさそうだ。

 ただ、これまでマクレガーとMGKが敵対関係にあると報じられたことはない。マクレガーはMGKの態度について何が問題だったかわからず、自分の扱いに驚いていたという。「TMZ」も「そもそも何がきっかけでこのような事態になったのかは不明」とし、周辺の警察に問い合わせたところ、現時点ではこの騒動について報告されていないという。そのため、2人の乱闘を「奇妙だ」と報じている。
 
 一方、MGKはラッパーとして活躍してきたが、2018年秋にエミネムと互いのディス曲を出し合ってビーフ(ケンカ)を展開。結果は「MGKの敗北」と音楽ファンからはみられており、その後にMGKはパンクロックに転向した。これが奏功して人気復活となったが、遺恨相手のエミネムは今年1月にマクレガーの復帰戦となった「UFC257」に楽曲を提供。UFCのプロモーションに協力していただけに、MGKはマクレガーに良からぬ感情を抱いていたのでは…とみるヒップホップファンもいる。

関連タグ: