【RISE】志朗が公開練習 1階級下との対戦に「強いところを見せたい」

2021年05月08日 14時08分

公開練習を行った志朗(C)RISE
公開練習を行った志朗(C)RISE

 立ち技打撃格闘技「RISE」が16日に無観客で行う「RISE on ABEMA」で、RISEスーパーフライ級王者の大崎一貴(24)と対戦する志朗(27)が練習を公開。

 1分間のシャドーとミット打ちで軽快な動きを見せ「疲労のピークなので、まだまだ30~40%ぐらい。試合までにスピード、パワーをどこまで持っていけるか自分でも楽しみ」と汗をぬぐった。

 この試合はスーパーファイト バンタム級として行われ、契約体重は55キロ。対戦相手の大崎は1階級下となるため「正直、このタイミングかと思ったが、受け入れてくれて感謝しかない。階級が1個下というのもあるので、強いところを見せたい」と意気込んだ。

〝キック界の神童〟那須川天心(22)との2度にわたる激闘も記憶に新しく「スピード、技の多さで那須川天心に比べるとというのはあるが、53キロで一番強いのは大崎君。コンビネーションも多彩なので結構厄介だと思う」と警戒する。

 かねて体重を落としての戦いについても示唆していたが、今後階級を落とす可能性については「55から53は2キロの幅がある。自分でも動きが良くなるか悪くなるか試している最中なので、今回の結果次第。自分にとってもチャレンジになる」と1階級下のチャンピオンとの激突を心待ちにした。

関連タグ: