損失ウン百万!? 石井が投資大失敗

2014年08月18日 16時00分

オランダから帰国した石井

 IGFチャンピオンが投資失敗!? IGFの総合格闘技大会「INOKI GENOME FIGHT 2」(23日、東京・両国国技館)のIGF選手権で、元PRIDE・GP王者ミルコ・クロコップ(39)と対戦する王者の石井慧(27)が17日、強化合宿先のオランダから帰国。初防衛戦を前に、私生活での仰天秘話を明かした。

 

 約2か月間、ゲガール・ムサシ(29)のジムで元K―1戦士のジェロム・レ・バンナ(41)らとサウスポーのミルコ対策を実施。石井は「(ミルコは)UFCに出てK―1(2012~13年)でもチャンピオンになっている。総合からは期間が空いているが、衰えはないと思う」と気を引き締めた。

 

 もちろん相手が強敵ということもあるが、石井には私生活でも「油断禁物」を思い知る“事件”があった。「6月ぐらいかな。実は、馬と、自転車とモーターボートに“投資”したところ損してしまいまして。飲み屋のおっちゃんから『絶対勝てる』と電話があったので、人生で初めて投資したのですが…」

 

 妻で歌手の林明日香(25)が妊娠。来年2月に第1子が誕生予定のため“ミルク代”が目的かと思いきや、石井は「(妊娠が)分かる前から投資は考えていたんです。キャリアが終わってからのこともありますし。結果がその日のうちに分かるのもいい」と話したが、初挑戦はうまくいかなかった。損失額について「ウン百万ぐらい?」の問いに「次の活力になる額」と否定しなかった。

 

 愛妻からの“大目玉”は間違いなさそう。それでも石井は「もう飲み屋のおっちゃんの情報は信用ならない。今度から東スポを買って、自分で考えて投資します。東スポって海外でも手に入りませんかね?」と意欲は衰えていないようだ。

 

 もちろん、大金を失っても、ベルトまで失うわけにはいかない。過去日本人相手に負けなしのミルコ戦に向け「次の試合は勝負。ほかの日本人のようにはならないと思う」と話し、初防衛には自信満々だった。