【RISE】ライト級頂上決戦 白鳥「すべて奪いに行きます」に王者・原口「頑張ってください」

2021年02月27日 16時23分

白鳥大珠(右)と原口健飛

 立ち技打撃格闘技イベント「RISE ELDORADO 2021」(28日、横浜アリーナ)の前日計量が都内で行われ、出場全選手が一発パスした。

 原口健飛(22)と対戦する白鳥大珠(25)は63.90キロでパスして「決まってからこの期間、今まで以上に一番格闘技を楽しんで日々を過ごせたと思います。俺ら2人が大会一の試合をして倒して、ひっくり返してやろうと思います」と巻き返しに力を込める。

 対する原口は63.80キロでパスして「ついに明日かという感じです。試合前は過去一嫌なくらいの気持ちでしたけど、過去一楽しみでもあるので、なんとか生き残れてます。チャンピオンの意地を見せて、試合は普通に勝ちます」と話した。最後に「リスペクトを持ってすべて奪いにいきます」と白鳥から宣戦布告を受けると、原口は「はい、頑張ってください」とニヤリ。ライト級の頂上決戦を制するのは…。

 また拳剛と対戦する江幡塁は55.85キロでパスして「今回、RISEに参戦させていただくのは2回目になります。キックボクシングの強さと魅力を多くの方に見ていただきたいと思います」。対する拳剛は55.85キロで「江幡塁選手、非常に大きな〝壁〟との対戦になりますが、しっかり自分がやってきたことを信じて倒しにいきます。自分がポイントを取っていたとしても倒しにいきます。KO決着で決めたいです」と激闘を誓った。

関連タグ: