【RISE】元西武・相内誠が前日計量パス デビュー戦は「KOで勝ちたい」

2021年02月27日 16時04分

相内誠(右)×拳信王

 立ち技打撃格闘技イベント「RISE ELDORADO 2021」(28日、横浜アリーナ)の前日計量が27日に都内で行われ、格闘家デビューするプロ野球西武の元投手・相内誠(26)が、64.8キロで一発パスした。

 初の計量を乗り越えた相内は「前日ということであとはやるだけなので、しっかりKOで勝ちたいと思っています。今はホッとしていて、早くおいしいご飯を食べて明日の試合を迎えられたら」と闘志十分。見てもらいたいストロングポイントを問われると「気持ちの強さです」と力をこめた。

 対するDelgermuru拳信王(デルゲルムルン・ケンシンハン=モンゴル)は64.95キロでパス。試合に向けて「明日デビュー戦の相手に格闘技を見せてやります。KOで勝ちます。パンチかキックで倒します」とリラックスした様子で話した。

 伊藤隆代表は、ついにデビューとなる相内に「野球でプロになるくらいのポテンシャルがある。練習をみたら(本格転向から)1か月でかなり良くなっている。勝てる勝てない半々のところまで持ってこれている。あとはリングで気持ちを見せられるかどうか」と期待を寄せた。新天地で爪痕を残せるか。

関連タグ: