皇治 シバターの〝逃げた〟口撃に大反論「みんなが求めるならユーチューブで素手でやる」

2021年02月01日 23時50分

皇治(左)とシバター

 格闘家の皇治(31)が1日、自身のユーチューブチャンネルに「ちょっとだけシバターやら聞いとき」と題した動画を投稿。因縁の人気ユーチューバー・シバター(35)から「逃げた」と言われていることに反論した。

 シバターからは大みそかの格闘技イベント「RIZIN.26」直後、さらに先月の19日には格闘家・朝倉未来(28)のユーチューブチャンネル上でと、再三にわたって「自分との対戦から逃げた」と〝口撃〟を受けていた。

 これに「何をもって逃げたと言ってるんかなと思って」とあきれた様子を見せ、当初大みそかのシバターの対戦相手とされていたことについて「俺はこれでメシを食ってる。(実際戦った)五味(隆典)選手と天秤にかけた時に、五味選手の方が盛り上がるし、価値があると思って選んだだけのこと」と涼しい顔で語った。

 シバターからの対戦要求には「MMA(総合格闘技)とキックは別競技。やるなら練習をせなあかん」とした上で「みんなが求めるなら大みそかにやってもいいけど、ユーチューブでええんちゃう? 俺のじゃなくて向こうのチャンネルで。グローブがどうこう言うなら素手でやったらええ」と、シバターのチャンネルへの〝殴り込み〟も示唆した。