ISAOが修斗王者の弘中KO

2014年03月31日 16時00分

【パンクラス30日横浜大会】四角リング使用最後の大会のメーンで、ライト級王者のISAO(25=坂口道場一族)が現修斗世界ウエルター級王者の弘中邦佳(37=マスタージャパン)を怒とうのサッカーボールキックで撃破。TKO勝ちで総合格闘技の老舗頂上対決を制した。

 

 ひと回り年齢の違う両王者。若いISAOはタックルでロープに押し込むと、セコンドの坂口征夫の的確な指示を聞きながら圧倒。勝負は3Rまでもつれたが、右フックから返しのパンチで弘中の体勢を崩すと、コーナーを背に倒れた弘中に間髪を入れず蹴りまくって勝利した。5月から採用される世界標準ルールでは、サッカーボールキックが反則(ヒジ打ちはOK)となるため、このパターンのフィニッシュも見納め。最後に修斗王者を倒して大会を締めくくった。