メイウェザーが井上尚弥と〝特別戦〟? 来年2・28東京ドーム「MEGA2021」で日本人と対戦へ

2020年11月16日 16時28分

リモート会見に登場したメイウェザー(壇上の中央が徳弘代表取締役)

 ボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(43=米国)が、来年2月28日に東京ドームで開催される新格闘技イベント「MEGA2021」に出場することが16日に発表された。

 横浜市内で行われた会見にはメイウェザーもリモートで出席。気になる対戦相手について「現在は見当はついていない。日本のファンに楽しんでもらえるようなことをしに行く」と話すにとどめた。またWBAスーパー&IBF世界バンタム級統一王者・井上尚弥(27=大橋)とのエキシビションマッチの可能性についても問われ「(井上のことは)詳しくは分からないけど、彼とやるとなればしっかりと研究して準備を進めてやりたい」とコメントした。

 2018年大みそかの「RIZIN」では〝キック界の神童〟こと那須川天心とのエキシビションマッチが話題になった。メイウェザーは「前回日本に来たときはそこまで練習しておらず、体もだらしなかったが」と振り返った上で「今回はしっかり練習してファンを楽しませたい」と語った。

 MEGA製作委員会の徳弘浩平代表取締役は「(相手は)日本人で考えています。一番盛り上がるカードにしたい」とし、ルールは対戦相手が決まり次第交渉に入る方針を示した。今後の動向が注目される。