【RISE】〝戦うジャニオタ〟寺山日葵が女王決定トーナメント1回戦で辛勝

2020年10月11日 20時15分

erika♡に前蹴りを放つ寺山(C)RISE

 立ち技打撃格闘技「RISE」11日の横浜大会で、キックボクシング最強女王決定トーナメント「RISE GIRLS POWER QUEEN of QUEENS 2020」1回戦が行われた。RISE QUEENミニフライ級王者の〝戦うジャニオタ〟こと寺山日葵(19)がerika♡(30)に辛勝し、11月1日のエディオンアリーナ大阪大会で行われる決勝トーナメントに駒を進めた。

 優勝本命の寺山だが、相手の突進力に意外な苦戦を強いられた。前蹴りなどを的確にヒットさせペースを握ろうとしたが、その攻撃を受けても全く下がらず前に出るerika♡のパンチも食らってしまった。2Rには右目周辺が大きく腫れ、ドクターチェックを受けるほど大きなダメージを受けた。

 3Rはさらに激しい打ち合いになったが共にダウンを奪えず延長に突入。それでも延長ラウンドで積極的に攻めて判定3―0で勝利して準決勝進出を決めた。

 準決勝ではこの日、平岡琴(30)に判定勝ちしたsasoriと対戦することが決定。またも激闘型を迎え撃つことになるが「このままだとsasori選手に負けてしまう」と危機感をにじませ「次こそ圧倒的な試合を見せられるように仕上げるので、3週間後大阪で応援よろしくお願いします」と話した。

 残る2試合は、RISE QUEENアトム級王者の紅絹(36)がAyaka(19)に、NJKFミネルヴァ日本アトム級王者・百花(27)が青木真也一押しの大倉萌(23)にそれぞれ判定勝ちし、準決勝での対戦が決まった。