石井和義館長が国立競技場の「Dynamite!」に呼ばなかった「雨女」とは

2020年07月26日 15時51分

石井和義館長

 正道会館の石井和義館長(67)が26日、ツイッターで意外な「雨女」の存在を語った。

 石井館長は新日本プロレスが8月21日に明治神宮球場で大会を開催することに言及。「教訓!野外イベントには、雨女、雨男を、ゲストに呼んではいけない。晴れ男、晴れ女でゲストとスタッフ固めること!これはとても大切です」とツイートした。

 これにフォロワーから「館長が思う雨男、雨女は一体誰か……は問題ありそうなので(笑)、晴れ男、晴れ女を教えてください!」との質問が寄せられ、石井館長は「晴れ男は僕です。笑 雨女は国立競技場のdynamite!に呼ばなかったゲストです。ご自身で考えてください」と2002年に開催された総合格闘技イベントを例に挙げて返答。

 すかさず「藤原紀香さんですね!笑」と指摘された館長は「ドキッ!そんな大それた発言!僕はノーコメントです」と返信したが、「もうコメントしたと同然ですよ!」と突っ込まれていた。

 藤原紀香(49)は「K-1」中継や格闘技情報番組「SRS」の司会を務めていた。