【ONE】動画再生数でUFCを超えた

2020年05月19日 16時35分

「ONE」を主戦場にする青木真也

【格闘技情報局】格闘技担当記者“バカサバイバー”青木真也(37)が主戦場にするシンガポールの格闘技イベント「ONEチャンピオンシップ」が、面白い資料を発表しました。

 デスク ほう。

 記者 ユーチューブやフェイスブックなどソーシャルメディアでの動画再生数を分析する「チューブラーラボ」の調査結果です。2019年度の結果で、ONEは56億回数を記録。全世界約5000のスポーツチームやイベントの中で4位にランクインしたそうです。

 デスク 世界のスポーツ界で4番目に動画が見られたということか。

 記者 ざっくり言えばそういうことです。世界最大の格闘技団体と言われる「UFC」は38億回で5位。このデータに限って言えば、ONEはUFCより多くの人の目に触れたことになります。

 デスク UFCも、うかうかしてられない時代になったか。

 記者 結果を受けて、ONEの日本代表取締役社長・秦アンディ英之氏は「ONEが世界に浸透してきていることを示し、デジタルエージである若い世代にも受け入れられていることが分かります」とコメントしました。ちなみに1位は146億回の米WWEです。

 デスク 桁が違う…。

 記者 15位までに日本のイベントや団体の名前はありませんでした。

 デスク コロナ禍でいろんな団体が動画配信に力を入れ始めたし、次はランクインに期待したいな。