【RISE】那須川天心 4・12大阪で無敗王者メゼンツェフと激突

2020年03月13日 19時25分

那須川は「僕の試合で元気や感動を与えたい」と意気込んだ

 キック界の神童・那須川天心(21)が「RISE WORLD SERIES 2020」(4月12日、エディオンアリーナ大阪)で、アンドレイ・メゼンツェフ(20=ウクライナ)と57キロ契約スーパーファイトで激突することが13日、発表された。

 同戦が2020年初戦となる那須川は「なかなか相手も決まらず、その中で一番強い選手をお願いしますと頼んで決まった結果です。いろいろな選手に断られてしまったんですが、受けてくれたアンドレイ選手には感謝しかない」と闘志を燃やした。対戦相手のメゼンツェフはISKA世界フライ級王者で23戦21勝2分けと無敗の戦績を誇る。それでも「今の僕では、相手ではないという感覚はある。だからといって気を抜くわけではなく、皆さまの期待以上の試合ができたら。差をつけて、アッと驚く試合をしたい」と揺るがぬ自信をのぞかせた。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが中止となっている。那須川は「日本にも元気がないので。僕の試合で、元気を与える力はあると思っているので。元気や勇気、感動を与えたいと思います」と腕をぶした。

 また2020年の目標の一つとして海外進出の野望も明かした。「今年こそは一回海外で試合をしたい。日本の代表として世界と戦っていく。そういう世界をつくっていきたいと思います」と豪語した神童が、さらなる飛躍の年につなげる。