【ベラトール】ヒョードル 日本ラスト試合でジャクソンに1R・KO勝ち

2019年12月29日 15時12分

クイントン“ランペイジ”ジャクソン(右)をKOしたエメリヤーエンコ・ヒョードル

 格闘技イベント「ベラトールMMA ジャパン」(29日、さいたまスーパーアリーナ)で“氷の皇帝”エメリヤーエンコ・ヒョードル(43=ロシア)が、クイントン“ランペイジ”ジャクソン(41=米国)に1Rで圧勝した。

 ガードを固めるジャクソンに対し、容赦なく固い拳で殴り続けたヒョードル。小刻みにステップを踏みながら的確に相手を捉え、最後は強烈な右ストレートを顔面に叩き込んだ。ヒザから崩れ落ちたジャクソンが立ち上がれず、1R2分22秒、圧巻のKO勝ちとなった。

 ヒョードルは「皆さんとともに、この時間を過ごすことができて喜んでいます。また、日本で勝利して皆さんと喜びを分かち合えたことを心からうれしく思います。これが日本の皆さんに直接見ていただく最後になりました。この試合の実現に力を尽くしてくれた方々に感謝します」と話した。