【ベラトール】RIZIN軍は対抗戦で1勝2敗 大みそか残り2試合で逆転なるか

2019年12月29日 13時44分

 格闘技イベント「ベラトールMMA ジャパン」(29日、さいたまスーパーアリーナ)で「ベラトール×RIZIN対抗戦」3試合が行われ、ベラトール軍が2勝1敗と勝ち越しに成功した。

 第1試合の先鋒戦はベラトール軍のゴイチ・ヤマウチ(26=ブラジル)がダロン・クルックシャンク(34=米国)を1R、リア・ネイキッドチョークで下し先勝。愛知・安城生まれでブラジル・クリチーバ育ちのグラップラーは「コニチワ、ニホン! ニホンハ、サイコー!」と日本語で喜びを爆発させた。

 続く次鋒戦では、RIZIN軍の渡辺華奈(31)がイララ・ジョアニ(25=ブラジル)を得意なグラウンドで攻める。最後は3R終盤にバックマウントを奪うと、強烈な鉄ついを落とし続けてTKO勝ちして「勝ててホッとしてます。RIZIN代表としてここに立っているので、勝ててよかったです」と笑顔を見せた。

 第3試合の中堅戦は、ベラトール軍のロレンズ・ラーキン(33=米国)がスタンドの攻防でコントロールした。3Rには強烈なパンチ&キックで中村K太郎(35)の左目尻から流血させて判定3―0で勝利。「打撃を浴びせ続けたのに倒れない、相手がタフだった」と振り返った。

 これで対抗戦は残り2試合。大みそかの「RIZIN.20」(さいたまスーパーアリーナ)で、副将戦として元谷友貴(30)VSパトリック・ミックス(26=米国)、大将戦として朝倉未来(27)VSジョン・マカパ(33=米国)が行われる。