【RIZIN】RENAがKO宣言! 祝勝会も予約済み

2019年10月11日 16時30分

RENAは再起戦で自身に必勝を課した

“シュートボクシングの絶対女王”ことRENA(28)が10日、地元・大阪で復活勝利を誓った。6月に米国で一本負けを喫し、再起戦となる格闘技イベント「RIZIN.19」(12日、エディオンアリーナ大阪)ではアレキサンドラ・アルヴァーレ(35=スペイン)と対戦するが、すでに試合翌日の“祝勝会”を予約済みだ。絶対に負けられない戦いを制し、故郷に錦を飾れるか。

 当初、対戦予定だったショーナ・ラム(33=カナダ)が練習中に脳振とうを起こし、ドクターストップで欠場。試合5日前の7日に新たな対戦相手としてアルヴァーレが発表されたばかりだが「少しドタバタしましたけど、やるべきことはできていたので。いい感じに仕上がって体重も順調です」と泰然自若だ。6年ぶりの故郷での試合となるだけに「(髪の毛を編み込む)コーンロウも大阪でしました。地元での試合なので、スカッとKOで会場を爆発させたいです」と誓った。

 6月14日に米国の格闘技イベント「ベラトール」でリンジー・ヴァンザント(26=米国)に裸絞めで敗れており、再起を目指す。原点である打撃を生かして勝利をつかみ取り「私の新しいスタイルをつくりたい」との思いを実現させる第一歩とするつもりだ。

 負けられない理由もある。「ホンマに大阪で試合するの久しぶりなんで。もう、試合の次の日の夜の打ち上げの店も予約しちゃったんですよ。貸し切りで」と関西弁のイントネーション強めに話し始めた。

 その会場はなじみの店で「地元の、家族でよく行く鍋屋さん。メッチャ激辛で真っ赤な鍋がおいしいんですよ。試合が近づいたら辛いものを食べられないんで体が欲してるんです!」。

 家族に加え応援に来る友人知人で30人以上を招待したこの「打ち上げ」が“祝勝会”を想定していることは言うまでもない。それだけに「負けたら、お葬式みたいになっちゃうじゃないですか。だから、絶対に勝たなきゃいけないんです」と力説する。その上で「地元にはおいしい『餃子の王将』もあるんで。今回は、試合翌日昼の餃子と夜の辛い鍋を自分へのご褒美にしてます」と笑顔を見せた。

 2017年大みそか以来1年半遠ざかっているKO勝利を決めて最高の“食いだおれ”を満喫――。凱旋の女王は自身最高の快勝を狙っている。