石井慧PFL初陣飾る 試合後に彼女と激アツショット

2019年06月07日 16時09分

インスタグラムから

【ニューヨーク6日(日本時間7日)発】米総合格闘技「PFL」が行われ、石井慧(32=チーム・クロコップ)がジク・トゥニィウィリー(31=米国)を判定2―1で破った。

 優勝賞金100万ドル(約1億1000万円)を目指し、世界から猛者が集結。石井は、ヘビー級5分3Rでトゥニィウィリーと対戦し、柔道仕込みの寝技でも打撃でも試合の主導権を握った。一本勝ちこそ収められなかったものの、初陣でしっかり3ポイントをゲットした。

 石井はセコンド陣をリングに上げた写真を投稿し「勝ったよー 俺たちはファミリーだ」とツイッターにコメントした。

 一方、彼女で元柔術女王のクリスティン・ミケルソンは、激闘を終えた石井との激アツショットをインスタグラム「ストーリー」に投稿した。

「pflmmaでの彼の姿を見れてとても嬉しいわ。(興奮して)もう少しでイスから飛んでいってしまいそうだった。そして、彼は勝った!」とハートマークを3つも添えて祝福した。