「那須川企画」参戦をドタキャン 批判殺到の青木は無反省コメント

2019年05月03日 16時30分

青木真也

【格闘技情報局】デスク ネットで“バカサバイバー”青木真也(35)が叩かれてるな。

 格闘技担当記者 インターネットテレビ局「AbemaTV」の3周年番組「那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円」の企画にエントリーしていたのですが、1日の挑戦者決定トーナメントを当日になって辞退。代わりの選手を連れてきました。

 デスク ファンとしては那須川対青木が実現したら夢のカードだからな。そりゃ「青木を格闘界から追放しろ」という辛辣な意見まで出るよ。

 記者 那須川との試合は18日で、17日にシンガポールの格闘技イベント「ONEチャンピオンシップ」でライト級王座の防衛戦が控えていることを辞退理由にしました。でも、もともと防衛戦は決まっていましたからね。そもそもですが…ONEと契約している立場上、出られたのかなと。

 デスク 他に青木は何か言ってないのか?

 記者 それが今、コメントを求めたら「(マニー)パッキャオ推薦選手を連れて行こうとしたけど、間に合わなかった」と。全く懲りた様子はありませんね。

 デスク じゃあ、なんでエントリーしたんだ?

 記者 話題になると思ったのでしょうけど…。

 デスク 2017年の「亀田興毅に勝ったら1000万円」の反響も大きかった企画だしな。今回もなにかと話題になったのは事実だし、これは青木の“勝利”だな。