【DEEP】元谷がジョシュの愛弟子ヘンリーに敗れバンタム級王座失う

2019年03月09日 22時23分

左からジョシュ・バーネット、ビクター・ヘンリー、VV Mei

 総合格闘技イベント「DEEP 88 IMPACT」(9日、東京・後楽園ホール)で“DEEPが生んだ最高傑作”こと元谷友貴(29)が、ジョシュ・バーネットの愛弟子ビクター・ヘンリー(31=米国)に敗れ、バンタム級王座を失う波乱があった。

 1、2ラウンドと挑戦者の打撃に苦しむ展開となった。逆転を狙った最終3ラウンドは、積極的に打撃を繰り出してギリギリまで追い詰めたが、倒すことはできず、判定2―3で敗れた。敗北が決まった瞬間、天を仰いだ元谷。一方の新王者ヘンリーは「この後、六本木でクレージーになりたい。RIZINに向けた戦いを続けるぜ!」と叫んだ。

 メガトン級王者ロッキー・マルティネス(33=グアム)は酒井リョウ(31)に対しパンチで優位に立つと、最後はパウンドの雨でTKO勝ち。初防衛に成功し「日本の皆さん、ありがとうございます。応援のおかげでベルトを防衛することができました」と笑顔だった。

 ストロー級王者・越智晴雄(35)は川原波輝(29)を判定5―0で下し、防衛に成功した。