• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 仮面女子・森カノン「夜中の悲鳴」に近所迷惑の声

人気ランキング
東スポ芸能
東スポ本紙の芸能スクープ記事がスマホで読める!
国内3キャリア完全対応
詳しくはこちらから
アクセスはこちら!
http://g.tospo.jp/
QRコードQRコードをスマートフォンから読み取ってください



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仮面女子・森カノン「夜中の悲鳴」に近所迷惑の声


防犯・防災フェスに出演した仮面女子(左から森カノン、桜のどか、川村虹花、立花あんな、桜雪)

 地下アイドルグループ「仮面女子」の川村虹花(21)が13日、横浜市内の横浜市民防災センターで行われた「防犯・防災フェスティバル2017」に出席。「おおだこポリス」を務める川村は会場のちびっ子とファンらに防犯・防災のための心がけの大切さを訴えた。

「おおだこ」は「おうちのひとにいってきます」「おともだちとあそうぼうね!」「だまされてついていかない!」「こわくなったらおおごえで!」の、子供を犯罪から守る4つの標語の頭文字を取ったもの。この日は、「おおだこポリス4つのおやくそく」を歌と踊りで披露し「こわくなったら おおごえで さけべ さけべ さけべ」という標語のポスターを公開した。

 川村は「おおだこポリス」のかぶり物、仮面女子(アリス十番)メンバーは防犯大使として、警察官の制服を着てミニライブを行った。

 ポスターでは「さけべ」と強調したが、メンバーにも「叫ぶ」ような体験があったという。桜雪(24)は「家の鍵が盗まれたので、すぐに交換。費用4万円は痛かったです」と打ち明けた。

 一方、森カノン(27)は、ライブを終えて帰宅する際、防犯のために最寄駅から自宅まで仮面を着けたまま自転車に乗っていることを告白。すると、桜は「夜中に変なマスクをしていて、出くわしたおじさんが『うわっ』って叫んだそうです」と明かし、迷惑行為と主張した。そんな森は「自宅にゴキブリが出たときは『キャーッ』と叫んで、駆除のために便利屋さんを呼んだ」とか。それを聞いたメンバーからは「ゴキブリくらいで夜中に悲鳴を上げたら近所迷惑でしょ」とブーイングが上がった。

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!

アスリート 美ューティー TALK
強さと美しさを兼ね備えた女性アスリートに迫る!


おすすめコンテンツ
ヒロインズカップ(21日、帯広競馬場)

【2018年5月12日(土)開催!参加者募集】中京スポーツ50周年記念として中京競馬場のバックヤードを開放したマラソン大会を開催します。

グランプリは嶋村瞳、奥川チカリ、中野聖子の3人

熱き2時間バトルでパチンコとパチスロの王者が決まった!

出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

「メジャー屈指の救援投手」に大接近!

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!



新着フォト
東スポ動画
ミス東スポ2018サバイバルオーディション
注目コンテンツ
ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!